「法人 その他の事例」

2021年05月27日 「法人 その他の事例」

No.62 破産申立⇒受任通知後2週間で申立をした事例

解決事例 No.62 破産申立⇒受任通知後2週間で申立をした事例 事業内容  金属加工業 <事案> 約50年続いた金属加工を主な業務とする会社の破産事件 債権者数 22名 負債額 7300万円 <相談に至るまでの経緯>  月末の支払の目処が立たず,来所された <結果>  売掛金を回収し,従業員に解雇予告手当と未払い給与... 続きはこちら≫

2020年08月06日 「法人 その他の事例」

No.60 破産申立 ⇒ 一部事業譲渡して破産申立てした事例

解決事例 No.60 破産申立⇒一部事業譲渡して破産申立てした事例                      事業内容  運送業                                                                    <事案> 運送業を主な業務とする会社の破産事件 債権者数... 続きはこちら≫

2020年03月05日 「法人 その他の事例」

No.56 破産申立 ⇒ 債権者への受任通知後1週間で申立をした事例

解決事例 No.56 破産申立 ⇒  債権者への受任通知後1週間で申立をした事例                      事業内容  造園・建築設計業      <事案> 造園・建築設計を主な業務とする会社の破産事件 債権者数 15名 負債額 2600万円 <相談に至るまでの経緯>  月末の資金繰りの目処が立たず来所... 続きはこちら≫

2020年01月23日 「法人 その他の事例」

No.54 破産申立 ⇒ 申立費用準備と会社破産

解決事例 No.54 破産申立 ⇒  申立費用準備と会社破産                      事業内容  医薬品販売業      <事案> 医薬品販売を主な業務とする会社の破産事件 債権者数 36名 負債額 約4600万円 <相談に至るまでの経緯>  月末の支払の見込みがないため来所された <結果>  見るべ... 続きはこちら≫

2020年01月23日 「法人 その他の事例」

No.53 破産申立 ⇒ 休眠会社の破産

解決事例 No.53 破産申立 ⇒  休眠会社の破産                      事業内容  印刷業      <事案> 印刷業を主な業務とする会社の破産事件 債権者数 14名 負債額 約1100万円 <相談に至るまでの経緯>  廃業後,債権者からの督促が続くため来所された <結果>  見るべき資産もなく... 続きはこちら≫

2019年11月25日 「法人 その他の事例」

No.51 破産申立 ⇒ 従業員の人材確保が難しく、事業継続を断念し、破産手続をおこなったっ事例

解決事例 No.51 破産申立 ⇒  従業員の人材確保が難しく、事業継続を断念し、破産手続をおこなったっ事例                      事業内容  介護事業         <事案>  法人及び代表者が、多くの負債をかかえ、債務超過及び支払い不能状態であったことから、管轄裁判所に破産申立をおこなった事例... 続きはこちら≫

2019年10月07日 「法人 その他の事例」

No.50 破産申立 ⇒ 代表者の再就職のため早期申立をした事例

解決事例 No.50 破産申立 ⇒  代表者の再就職のため早期申立をした事例                      事業内容  建設業(戸建て建築)         <事案> 不動産仲介を主な業務とする会社の破産事件 債権者数 18名 負債額 約1500万円         <相談に至るまでの経緯>  月末の資金繰... 続きはこちら≫

2019年07月29日 「法人 その他の事例」

No.48 破産申立 ⇒ 明渡完了から10日で申立をした事例

解決事例 No.48 破産申立 ⇒  明渡完了から10日で申立をした事例                      事業内容  サービス業(不動産仲介業)         <事案>  不動産仲介を主な業務とする会社の破産事件  債権者数 20名  負債額 約6300万円         <相談に至るまでの経緯>  月末... 続きはこちら≫

2019年07月22日 「法人 その他の事例」

No.47 破産申立 ⇒ 申立費用準備から4日で申立をした事例

解決事例 No.47 破産申立 ⇒  申立費用準備から4日で申立をした事例                      事業内容  小売業(メガネ販売)         <事案> メガネのインターネット販売を主な業務とする会社の破産事件 債権者数 29名 負債額 約1700万円         <相談に至るまでの経緯>... 続きはこちら≫

2019年05月20日 「法人 その他の事例」

No.45 破産申立 ⇒ 早期破産申立(申立費用準備から1か月内)をした事例

解決事例 No.45 破産申立 ⇒  早期破産申立(1か月以内)をした事例                      事業内容  小売業(青果販売)         <事案> 小売業を主な業務とする会社の破産事件 債権者数 12名 負債額 約770万円             <相談に至るまでの経緯> 月末の資金繰りの... 続きはこちら≫

2018年06月04日 「法人 その他の事例」

No.37 破産申立 ⇒ その他の事例

解決事例   No.37 破産申立 ⇒ その他の事例   事業内容 サービス業     <事案> 訪問介護を主な業務とする会社の破産事件 債権者数 4名 負債額 830万円         <解決に至るまで> 代表者個人の債務整理を進める過... 続きはこちら≫

2018年04月06日 「法人 その他の事例」

No.36 破産申立 ⇒ その他の事例

解決事例   No.36 破産申立 ⇒ その他の事例   事業内容 建築業     <事案> 配管工事を主な業務とする会社の破産事件 債権者数 8名 負債額 1005万円       <解決に至るまで> 翌月末の資金繰りがつかないため相談に来所されました。  ... 続きはこちら≫

2018年04月06日 「法人 その他の事例」

No.35 破産申立 ⇒ その他の事例

解決事例   No.35 破産申立 ⇒ その他の事例   事業内容 製造業     <事案> 金属加工を主な業務とする会社の破産事件 債権者数 56名 負債額 2億0400万円       <解決に至るまで> 翌月末の資金繰りがつかないため相談に来所されました... 続きはこちら≫

2017年09月27日 「法人 その他の事例」

No.34 破産申立 ⇒ その他の事例

解決事例   No.34 破産申立 ⇒ その他の事例   事業内容 卸売業     <事案> 家具等輸入雑貨の卸売を主な業務とする会社の破産事件 債権者数 3名 負債額 481万円       <解決に至るまで> 翌月末の資金繰りがつかないため相談に来所された... 続きはこちら≫

2017年06月12日 「法人 その他の事例」

「法人 その他の事例」

「法人 その他の事例」 続きはこちら≫

2017年05月29日 「法人 その他の事例」

No.33 破産申立 ⇒ その他の事例

解決事例   No.33 破産申立 ⇒ その他の事例   事業内容 建設業     <事案> 防水施工を主な業務とする建設会社の破産事件 債権者数 37名 負債額 3700万円     <解決に至るまで> 翌月末の資金繰りがつかないため相談に来所された   <最終的な結... 続きはこちら≫

2017年03月03日 「任意売却した事例」

No.32 破産申立 ⇒ 早期申立・早期終結 2

解決事例   No.32 破産申立 ⇒ 早期申立・早期終結 2   <事案>  Aさんは,木工製品作成の会社の代表を務めていましたが,売上減少のため廃業し,会社と代表の破産申立をすることしました。Aさんは,次の就職先を探しており,早く破産申立をしてなるべく早く破産手続を終えたいとのことでした。  ... 続きはこちら≫

2016年08月24日 「法人 その他の事例」

NO.18 破産申立 ⇒ 代表者が脳溢血で倒れ,話すことができないため,奥様に代表取締役を変更後に破産申立をした事例

解決事例 NO.18 破産申立 ⇒ 代表者が脳溢血で倒れ,話すことができないため,奥様に代表取締役を変更後に破産申立をした事例 <事案>  Aさんは奥様と共に会社を経営していました。Aさんの営業で受注していましたが,脳溢血で倒れて半身不随となり言語障害が残りました。営業担当者を雇い入れAさんの代わりをさせましたが,受注... 続きはこちら≫

2016年08月22日 「任意売却した事例」

No.9 破産申立 ⇒ 顧客の流出が止まらず、事業廃業に追い込まれた事例

解決事例 NO.9 破産申立 ⇒ 顧客の流出が止まらず、事業廃業に追い込まれた事例  <事案>  Aさんは簡易加工済み食材の宅配販売業を営んでいましたが、顧客の流出が止まらず、顧客の新規契約も流出数以上に獲得することができない状態が続きました。リストラ等の経費削減を行いながら事業を継続していましたが、仕入先が倒産したこ... 続きはこちら≫

2016年08月22日 「法人 その他の事例」

No.2 破産申立⇒代表者が複数の会社(学習塾)の代表となっていた会社の事例

解決事例 NO.2 破産申立 ⇒ 代表者が複数の会社(学習塾)の代表となっていた会社の事例 <事案>  B社の代表者は、B社の他に、有限責任事業組合と合同会社の代表となっていました。事業開始当初は順調に売上もあがり、事業拡大に向けて設備投資を行いました。 ところが、サブプライムローン問題などから、売上が減少し、経費が売... 続きはこちら≫

2016年08月10日 「任意売却した事例」

No.28 破産申立 ⇒ リゾート会員権の売却

解決事例   No.28 破産申立 ⇒ リゾート会員権の売却   <事案>  Aさんは,建材原料の卸売会社の代表を務めていましたが、売上減少のため廃業し、会社と代表の破産申立をすることにしました。しかし,直前まで無理な支払を続けたため、現金が少なく、破産申立費用の一部が準備できない状態でした。Aさんの会社には... 続きはこちら≫

初回相談料0円 お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 Tel:0120-115-456 受付:月~土9:00~19:00(日・祝応相談) 弁護士法人i 東大阪法律事務所(近鉄大阪線・奈良線・布施駅 徒歩2分)
メールでのお問い合わせ
0120-115-456 受付:月~土9:00~19:00(日・祝応相談) メールでのお問い合わせはこちら