「会社及び代表者の財産が問題となった事例」

NO.1 破産申立 ⇒ 取引先からの一方的な取引打ち切りにあってしまった事例(内線工事)

NO.3 破産申立 ⇒ 給料の未払いがあった会社(プラスチック加工・金型業)の事例

NO.4 破産申立 ⇒ 代表者も知らなかった財産が後に判明した会社(プログラミング設計)の事例

NO.19 破産申立 ⇒ 同業種の知人が会社の機械・備品の一部を買取後,代表者と家族を雇い入れ,破産後も事業継続をした事例

NO.27 破産申立 ⇒ 個人事業主の事業用備品

初回相談料0円 お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 Tel:0120-115-456 受付:月~土9:00~19:00(日・祝応相談) 弁護士法人i 東大阪法律事務所(近鉄大阪線・奈良線・布施駅 徒歩2分)
メールでのお問い合わせ
0120-115-456 受付:月~土9:00~19:00(日・祝応相談) メールでのお問い合わせはこちら