解決事例

NO.37 破産申立 ⇒ その他の事例

NO.36 破産申立 ⇒ その他の事例

NO.35 破産申立 ⇒ その他の事例

NO.34 破産申立 ⇒ その他の事例

NO.33 破産申立 ⇒ その他の事例

NO.32 破産申立 ⇒ 早期申立・早期終結 2

NO.31 破産申立 ⇒ 残務処理による売掛金回収

NO.30 破産申立 ⇒ 早期申立・早期終結

NO.29 破産申立 ⇒ 申立費用準備と換価作業

NO.28 破産申立 ⇒ リゾート会員権の売却

NO.27 破産申立 ⇒ 個人事業主の事業用備品

NO.26 破産申立 ⇒ 事業所(加工所)の明渡

NO.25 破産申立 ⇒ 会社破産とアルバイトの未払給与

NO.24 破産申立 ⇒ 所有権留保物件の受戻・売却と申立費用捻出

NO.23 破産申立 ⇒ 自宅の任意売却 任売業者撤退後の任意売却

NO.22 破産申立 ⇒ 個人事業廃業後の自宅の任意売却と同時廃止事件

NO.21 破産申立 ⇒ 会社の破産と従業員の未払給与

NO.20 破産申立 ⇒ 子供の病気のため転居できないので,自宅を知人に売却し,知人から賃借して住み続けた事例(自宅のリースバック)

NO.19 破産申立 ⇒ 同業種の知人が会社の機械・備品の一部を買取後,代表者と家族を雇い入れ,破産後も事業継続をした事例

NO.18 破産申立 ⇒ 代表者が脳溢血で倒れ,話すことができないため,奥様に代表取締役を変更後に破産申立をした事例

NO.17 破産申立 ⇒ 住宅ローンが支払えなくなり、自己破産に追い込まれた事例

NO.16 個人再生申立 ⇒ 返済額を5分の1に圧縮し、返済継続が可能になった事例 

NO.15 破産申立 ⇒ 東日本大震災の影響で取引先が機能停止し、事業廃業に追い込まれた事例 

NO.8 個人再生申立 ⇒ 住宅ローンの保証会社に代位弁済されてしまったが、住宅を手元に残せた事例

NO.7 個人再生申立 ⇒ 役員時代の高額な債務を、高齢だが個人再生できた事例

NO.6 破産申立 ⇒ 破産後も社長が自宅に居住しつづけることが出来た会社(金属加工業)の事例

NO.5 破産申立 ⇒ 社長の親族(父親)が連帯保証人となっていた会社(板金業)の事例

NO.4 破産申立 ⇒ 代表者も知らなかった財産が後に判明した会社(プログラミング設計)の事例

NO.3 破産申立 ⇒ 給料の未払いがあった会社(プラスチック加工・金型業)の事例

NO.2 破産申立 ⇒ 代表者が複数の会社(学習塾)の代表となっていた会社の事例

NO.1 破産申立 ⇒ 取引先からの一方的な取引打ち切りにあってしまった事例(内線工事)

初回相談料0円 お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。 Tel:0120-115-456 受付:月~土9:00~19:00(日・祝応相談) 弁護士法人i 東大阪法律事務所(近鉄大阪線・奈良線・布施駅 徒歩2分)
メールでのお問い合わせ
0120-115-456 受付:月~土9:00~19:00(日・祝応相談) メールでのお問い合わせはこちら